« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の25件の記事

2009/01/31

井上都紀監督の最新作「不惑のアダージョ」の完成披露試写会に100名様をご招待!

Adageo13 昨年「大地を叩く女」でオフシアター部門グランプリを受賞した井上都紀監督の最新作「不惑のアダージョ」の完成披露試写会に100名様をご招待します。当日は井上監督ほか豪華ゲストによるトークセッションも予定しています。どしどしご応募下さい!

[日時] 2009年2月17日(火) 開場 18:30 開演 19:00(予定)
[場所] 恵比寿ガーデンルーム  [締切日] 2009年2月9日(月)
【ゲスト】井上都紀監督、LiLiCo、スペシャルゲスト

申し込みは、下記へ
http://www.skyperfectv.co.jp/yubari09/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年ニュース掲載記事(1/31)

1/31「道新スポーツ」
1/31「サンケイスポーツ」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/29

【道内向】ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・夕張リゾートオリジナル宿泊パックのご案内

【道内向】ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・夕張リゾートオリジナル宿泊パックのご案内

夕張リゾートのホームページ

【夕張映画祭2009】鑑賞1日券付宿泊プラン1泊朝食とゆうばり映画祭鑑賞1日券(当日又は翌日の利用可)がセットになったお得な宿泊プランです。

宿泊予約は夕張リゾートホームページで受け付けています。

http://www.yubari-resort.com/snow/mtracey/plan/2009.2.27yubarifanta.php

じゃらんnet

2月26日限定【ゆうばり映画祭】開幕オープニングSP
1泊朝食、開幕式オープニング「クローズZEROⅡ」鑑賞券付そしてオープニングパーティ参加券付のお得なプラン(各会場までの無料巡回バス運行しております。)  

【じゃらんnet】2月27日限定【ゆうばり映画祭】鑑賞券付パック
  
【じゃらんnet】2月28日限定【ゆうばり映画祭】鑑賞券付パック
    
【じゃらんnet】3月1日限定【ゆうばり映画祭】鑑賞券付パック
  ※上記プラン内容は1泊朝食とゆうばり映画祭鑑賞1日券のセットです。
 
宿泊予約はじゃらんnetで受け付けています。

http://www.jalan.net/uw/uwp3100/uww3101.do?screenId=UWW3001&dateUndecided=1&stayCount=1&yadNo=376817&adultNum=2&roomCount=1&rootCd=04&callbackHistFlg=1&distCd=01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年映画祭期間限定グッズ

■シネガーまん
Photo アクリフーズ製作 市民会館で販売。
1.ゆうばり国際映画祭のキャラクター「シネガー」の焼き印を押しました。
2.味付けはピザ味で、ハーブの風味が効いたイタリアンテイストの本格派
  ピザソースで仕上げました。濃厚なトマトソースとチーズの風味が楽しめます。
3.映画祭会場でしか買えない限定品です。売り切れしだい販売終了となります。
4.売価は1個100円を予定しています。
  売上高の全額を、映画祭事務局に寄付いたします。

■寅次郎 映画祭ラベル
P1020750 夕張酒造製作 市民会館売店で販売
特産の長いもを主原料に減圧で蒸留し、夕張の自然の懐で熟成させた北国の本格焼酎です。
作り手の愛着や期待感を充分に汲んだ「寅次郎」は夕張に流れる川のように澄み切った味わいで大自然の懐に抱かれた「時」を味わう本格長いも焼酎です。
まろやかな中にもキリッと引き立つ旨さはツウをも唸らせる、ここにしかない味わいです。
今回は映画祭限定ラベルでの販売です。

 黒い瓶の方が 25度で 720ml 1,000円 限定120本
 緑の瓶の方が 20度で 350ml   450円 限定45本

■シネガーエコバック
P1020737 映画祭実行委員会製作 市民会館で販売。
2009新バージョンが完成。カタログとのセット販売になります。
数量に限りがありますのでお早めに。


■組木 シネガー
P1020762 ㈱ネクスト夕張 市民会館で販売。
今回は一回り大きいサイズができました。映画祭のお土産にどうぞ。
小 組木シネガー 4,200円(税込み) サイズ150㎜×160㎜
大 組木シネガー 8,400円(税込み) サイズ220㎜×210㎜

■映画祭本を発売!
1_2 夕張市の財政破綻でいったんは中止に追い込まれた「ゆうばり映画祭」。映画とふるさとを愛する市民が、自分たちの手で復活させるまでの600日を追ったドキュメントです。「ゆうばり再生」の象徴ともいえる映画祭復活を心の糧として、たくましく生きる市民の姿を描くルポや、映画人たちのメッセージも多数収録。

書名     復活! ゆうばり映画祭
編者     ゆうばり国際ファンタスティック映画祭実行委員会
定価     1500円(本体1429円)
発売日    2月25日
判型     四六判、176ページ、モノクロ
印刷会社   アイワード

映画祭期間中、市民会館でお売りしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポイント(10):衝撃のドキュメンタリー日本遂に上陸!

昨年の釜山国際映画祭でワールドプレミア上映された日本人監督・想田和弘。
07年に観察映画第1弾ドキュメンタリー映画として『選挙』がベルリン国際映画祭、香港映画祭、などに招待され、全世界約200カ国でテレビ放送され、話題を呼んだ。その第2弾が、これまでタブーとされてきた精神科にカメラを入れ、現代に生きる日本人の精神のありようを克明に描き出した衝撃作が本作の『精神』。
映画祭のスタッフが、日本公開すら決定していなかった本作を海外の映画祭関係者と共に、釜山の会場でいち早く見ることができ、20時過ぎと遅い時間にも関わらず、ほぼ満席の会場は、上映終了後のティーチインも90分にも及び注目を集めた。
国籍に関わらず、日本を舞台にしたメンタルヘルス「こらーる岡山」の人たちを描いている映像に多くの観客の視点は集まった。結果、釜山映画祭では最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。ドバイ国際映画祭でも最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。今年、2月のベルリン映画祭にも正式出品が決まり、世界中から今、もっとも注目を集めいる作品といえます。日本ではゆうばり映画祭がジャパンプレミア、一般公開は、初夏を予定しています。

関連記事
『選挙』の想田和弘監督の最新作『精神』が、釜山国際映画祭で、最優秀ドキュメンタリー賞を受賞 (2008/10/11)
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=7648
映画『精神』ドバイ国際映画祭で、最優秀ドキュメンタリー賞受賞! (2008/12/19)
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=7875
“精神病”というタブーに切り込む!想田和弘監督作『精神』ベルリン映画祭正式出品決定 (2008/12/11)
http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=7840

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/28

2009年ニュース掲載記事(1/28)

・1/15「朝日新聞(北海道版)」
・1/15「読売新聞(北海道版)」
・1/15「毎日新聞(北海道版)」
・1/15「北海道新聞」
・1/15「日刊スポーツ」
・1/15「スポーツニッポン」
・1/16「日刊スポーツ」
・1/16「道新スポーツ」
・1/23「北海道新聞」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポイント(9):アカデミー賞最有力候補「スラムドッグ$ミリオネア」

すでにゴールデングローブ賞を受賞し、今もっともアカデミー賞有力候補の「スラムドッグ$ミリオネア」がいち早く夕張で上映される。ダニー・ボイル監督のオスカーへの道は、2008年トロント映画祭から始まった。2008年9月のトロント映画祭で世界初上映となり、その話題は観客を圧倒させ、絶賛の声は、世界に広まった。ダニー・ボイル監督といえば、「トレインスポッティング」「28日後...」など、その作家制は、注目され、ハリウッドに進出し、ゆうばり映画祭でも上映された「普通じゃない」を監督、レオナルド・ディカプリオ主演の「ビーチ」や、真田広之を起用した「サンシャイン2057」は、記憶に新しい。ハリウッドから舞台をインドに移し、エネルギッシュに満ち溢れる壮大なラブ・ストーリーを作り上げた。
日本でもお馴染みのTV番組「クイズ・ミリオネア」、もともとはアメリカで10年も続く人気TV番組、インドでもインド版が放映されており、夢を見る少年がなぜ?ミリオネアになったのかのサクセスストーリー。
全問正解に隠されたドラマ、それは、真実かイカサマなのか?
波瀾万丈な半生が、ラストの感動を呼ぶ。ダニー・ボイル監督がインドを舞台にイギリス映画風なインド映画。ラストは、インド映画の巨匠・A・R・ラーマンの音楽のダンスシーンも登場する。
久しぶりにインド映画に帰ってきた壮大なダンスミュージックには定評のあるA・R・ラーマンは、「ボンベイ」「ムトゥ踊るマハラジャ」「ジーンズ/世界は2人のために」ではお馴染みのメロディが随所に登場する。インド映画ファンには嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/27

ポスタービジュアル完成

キャッチコピー入りのポスターが完成しました。
2月より夕張市内、北海道内主要箇所で掲載されます。
20090131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポイント(8):プチョンプレゼンテーションって何?

「タチマワ・リー ~悪人よ、地獄行き急行列車に乗れ!」2008年/リュ・スンワン監督

「悪人よ、地獄行き急行列車に乗れ!」1976年/パク・ノシク監督

なぜ?この2作品なのか?
昨年の7月、プチョン国際ファンタスティック映画祭でレトロスペクティブ上映され、話題となった1本が1976年の「悪人よ! 地獄行き列車に乗れ(原題)」。この作品は、DVD化もされておらず、韓国内でもフィルムセンターに収蔵されており、なかなか見ることのできない1本。監督は、韓国映画史においても初のアクション俳優と呼ばれ、様々なキャラクターの原型を生み出したほか、監督としても活躍したパク・ノシク。斬新なアクションとその演出がそのあとの韓国若手監督たちにも影響を与えたカルト的な作品。

そしてそんな韓国アクション映画が大量生産された60年代~70年代に敬意を表しオマージュとパロディで愛情たっぷりに新鋭監督リュ・スンワンが描いた痛快アクションコメディ大作が、昨年プチョン映画祭後の8月に公開された「タチマワ・リー~悪人よ 地獄行急行列車に乗れ~」。副題にそのまま旧作のタイトルがついているので2本立てで上映するには、まぎらわしいですが、監督の愛情と敬意がそのままついていると思ってくださいね。

リュ・スンワン監督は、06年のゆうばりファンタにも『クライング・フィスト』で参加しており、韓国映画界の若手実力派アクション監督としてすでにキャリアも人気も得ていますね。この『タチマワ・リー』は自主映画ですでに2年前くらいにパイロット版を制作しており、本作は同じキャストによる長編作品となっています。
今回のPifanプレゼンテーションが、2作品を同時に見られる唯一のチャンス。

2作品とも国内配給はビデオ化もまったく決まっていない状態なので、ゆうばりが最初で最後のジャパンプレミアになるかもしれません。もともとの『悪人よ、~』のスパイという設定を生かしていますが、コメディ要素が強い『タチマワ・リー』はさしづめ韓国版『オースティン・パワーズ』といった印象が強い娯楽作。
日本映画界にたとえるなら、石井輝男に影響を受けて、ついつい石井輝男みたいなことをしたがる本田隆一や山口雄大を思い浮かべていただけると、もしかしたら関係性は近いのかもしれない。

現在、翻訳作業に苦戦中!。今回の上映を逃してしまうと、いつみることができるのかわかりませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集中連載“ゆうばりファンタの達人・DJカナイのここがみどころ!!vol.1”【オープニング編】

*2004年にゆうばりファンタ初参戦以降、毎年主にフォーラムシアターに入り浸る札幌の映画ファン・DJカナイ氏。ここ数年の激動のゆうばりファンタをハードコアに見守ってきたといっても過言ではない“観客のプロ”ともいえるカナイ氏から、ゆうばりファンタ2009のとっておきの楽しみ方のツボを伝授いたします。

------------

1)

いよいよ映画祭まであと1ヶ月、ツアーやホテルの申込は終えましたか?
東京からのツアーに参加すれば、羽田空港、新千歳空港から夕張までゲストらと移動をずっと共にすることになります。
新千歳空港駅からの映画祭専用列車では、夕張市内に入ると市民の皆さんが各駅で暖かいお出迎えをしてくれます。これから始まる祭りの予感に胸がワクワクすることでしょう。

ツアーに参加しない札幌など道内の皆さん、「そんなの関係無いよ」、と思わないで下さい。ゆうばり市民の方々と共に、はるばる遠くから来てくれたゲストやお客さんたちを夕張駅で一緒に迎えようじゃありませんか。旗を振ってあの合言葉「おかえりなさい!」と言おうじゃありませんか。(旗はその場でゆうばりのオバちゃんが配ってくれます)

パンフレットのスケジュール表にも載っておらず、あまり知られていませんが、このツアーのお出迎えこそがゲストに会える第一のチャンス。到着したツアー客やゲストの素の笑顔を見ると、こっちまで祭りの始まりにテンション上がりまくり!です。自分なんかは、毎年来てくれるゲストの顔を見つけると嬉しさのあまり、この時点で涙ぐんじゃいます(早すぎ!)。

時間に余裕のある方は参加してみてはいかがでしょうか?
汽車の到着時間は15:15夕張駅到着予定です。

2)

映画祭の真の始まりはオープニングセレモニー。オープニング作品の上映前に行われます。
事前にチケット購入(1500円)が必要です。2月2日にチケットぴあで発売します。席数に限りがありますから、ご注意下さい。
昨年、チケット買えなかった友人はやることなくて、ずっと温泉に浸かっていたとか・・・。

オープニング会場では、まずパンフレットを買うのを忘れずに。有料(昨年はゆうばりのオバちゃん手製のシネガーがプリントされたエコバック付で1000円)ですが、今後の5日間に渡って鑑賞する作品を決めるのに最適です。
あともう一つ、サイン帳にするという隠れた使い方があります。ゲストにサインをもらえるチャンスがあったら、そのゲストの関連作のページにサインを貰うんです。すると、5日後にはあなただけの素敵な思い出の宝物になっていることでしょう!マジックペンを持参するのをお忘れずに。
まだまだ駆け出しのオフシアター監督なんかだと、その監督の人生初サインなんてのを頂けるかも。

『天然コケッコー』の山下敦弘監督や『純喫茶磯辺』でブレイクした吉田恵輔監督もみんなゆうばりオフ出身。かならずこの中に将来ビッグになる監督がいるはずですよ。

で、セレモニーですが、市長や実行委員長の挨拶、審査員が意気込みを語ったりなどそんなに派手な演出はありません。
しかし!これぞ夕張ならではと思うのですが、ゲストの方々がなんと、自分たちと同じ観客席側すわって、1人1人スポットを浴びながら客席から一礼してくれます。これがなんというか興奮するというか高揚するんです!
そこからも、ゲストと観客が一体になった映画祭というのを体感できると思います。またゲストの大半は、そのままオープニング作品も一緒に観賞します。
そういう独特の空気の中で見る映画は、絶対に同じ作品でも映画館で見るのとは違った体験になるはずです!

3)

オープニング上映後、市民会館からはパーティー会場(ホテルシューパロ)までの移動は映画祭事務局が無料のバスをピストン輸送でだしてくれます。ツアー参加者でなくても乗車出来ますのでご安心を。
パーティーは事前にチケットの購入が必要です(5000円)。こちらも2月2日にぴあで販売予定。

一応、挨拶(乾杯)があるのですが、開場してからかなり待たねばならないので、周りの雰囲気に合わせて飲み始めちゃいましょう。
食事は挨拶後に始まります。立食バイキング方式で、その場で揚げる天ぷら、握りたての寿司、ホテル料理のオードブルなどが堪能できます。
おなかが一杯になったら、お目当てのゲストを見つけて談笑するのも楽しみの一つです。俳優さんは顔がすぐ分かると思いますが、監督さんって名前や作品は知っていても顔は・・・?ってことありますよね。事前にチェックしておくと、よりパーティーが楽しめますよ!

さて、パーティーでのトピックは「餅つき」でしょう。何故かパーティー中盤になると小中学生のちびっこ力士による餅つきが始まります。そして、大物ゲストも無理やり?餅つきに参加・・・。きれいな女優さんや、大物海外監督がハッピを着て、裸のちびっこ力士に囲まれながら餅つきする姿は、笑え・・・いや、貴重なシャッターチャンスです。カメラをお忘れなく。
今年はクローズZEROⅡのゲスト俳優さんたちが、餅つきするような予感が致します!

パーティーがお開きになるころ、ゆうばり名物ディープ・コア・ナイトが始まります・・・。
が、それはまた今度。

DJカナイblog 「ほえよ!デブゴン」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年ニュース掲載記事(1/26)

・1/12「TOKYO NEWS HEADLINE」(露出確認中)
・1/12 WEB「TOKYO HEADLINE web」
・1/18「日刊興行通信」
・1/24「TV Taro」(4C1/8P)
・1/24「スカパー!e2TVガイド」(4C1P)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/26

ポイント(7):VFX作品がフォーラム部門に集結

まずは、「G」。現在、初の商業作品ともいえる「長髪怪獣ゲハラ」を製作中の田口監督の自主映画。
怪獣映画ファンの心をゆする1本。
以前、東京ファンタで、「ネガドン」を上映したのですが、実写をアニメーションという技法でリアルに再現し、その特撮ファンを魅了させた作品ですが、本作は、自主でどこまで出来るのか?そのスケール感を楽しんでもらえると嬉しいです。
詳しくは、下記へ。
http://www.nhk.or.jp/paphooo/project/gehara.html
http://www.scifijapan.com/articles/2008/06/29/g-new-independent-kaiju-film-from-japan/

続いて「セムン」。これは、トルコ映画ですが、実は監督のハサンは、日本で映画制作を学んだ方で、本作以前は、ドキュメンタリー監督でした。商業映画のデビュー作がホラー映画「セムン」。
公開されるや大ヒット。トルコ映画で1位を獲得した超話題作。
以外にも世界の映画祭では、あまり話題にもなっていませんが、見ると怖い、ジャパニーズホラーの道を踏んでいる面白さ。必見です。監督もトルコから来日します。

そして「イールガール」。
イギリスからは、世界のファンタスティック映画祭で上映されている短編です。
VFXのディレクターとして様々な作品を手がけており、「シンシティ」や「Xメン」などを手がけた凄腕。
彼の自主映画を2作品上映します。監督もイギリスから来日します。

http://www.eelgirl.net/

Night Of The Hell Hamstersの予告編

そして日本からは、もう1本。
「マリネリス峡谷の対決」という短編を。ミニチュアSFX短編映画です。

メイキングも上映します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/25

ポイント(6):オフシアターは必見です

昨年のグランプリ・井上都紀監督の「大地を叩く女」は、映画祭後には、海外の映画際で上映され、監督もドバイ映画祭にも招待されました。
今年の10本は、本数的に少ないかと感じるかもしれませんが、クオリティの高い長編映画が増えました。
海外からの注目あり、約10各国からの応募があり、アメリカと韓国から計3作品が上映されます。
上映も3回上映されますので、鑑賞しやすいかと思います。
すべて入場無料です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/22

ポイント(5):ゲストって?

昨年の作品ゲストの登壇者数は、120名ほど。公式上映作品が58本であり、今年はすでに60本近い作品が決定し、公式上映本数は、70本を越えると予想しています。
登壇者ゲストも現時点で、120名を越えていますから、140名ないし150名の登壇ゲストに映画関係者は、200名近いのでは?と予測しています。
宿泊施設は、かなり厳しい状況です。すでに、ファミリースクールひまわりへの宿泊申し込みのゲスト、マスコミ、映画関係者も多く例年にない込みようです。
そんなに多いゲストは、上映作品すべてが未公開作品であり、ジャパンプレミア。

上映会場が2会場新設されており、課題だった深夜の飲食スペースもほぼ、クリアになったので、夜のゆうばりをお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/21

ポイント(4):雪遊び王国「スベッチャオ」 を体験!

今年のフォトセッションは、雪遊び王国「スベッチャオ」で開催します。
映画祭ゲストと共に雪遊びを少し体験していただこうと思っております。
フォトセッションが終了後に、スノーバギーとスノーモービルなどを体験してもらいます。アトラクションには、すべてインストラクターが付いての体験ですのでとても安全です。

■スノーバギー体験
スノーバギーは15分間のコースで約400mの周回コースです。
途中スロープがあったりコーナーがあったり面白く体験できます。
雪上ドライブは最高です。

1 2 3 4



■スノーモービル体験
スノーモービルは20分間のコースで石炭の歴史村を一周するコースです。
誘導員の後を追いかける形になるので迷うことなし。雪上ドライブは最高です。

1_2 2_2 3_2 4_2



フォトセッション会場には 雪上ステージでの撮影になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/20

ポイント(3):今年はインド映画が面白い!

久しぶりのインド映画。
金曜日は、先日の16日にインド、アメリカで公開された合作といえる話題作「Chandni Chowk to China」。インド映画定番の踊りあり、香港ワイヤーアクションあり、ハリウッドエンターテインメントの融合といえる超大作!

予告編だけでも十分楽しめるくらい面白い。
公式サイト
http://www.cc2c-thefilm.com/

ほか、「ピンクパンサー2」にもインド映画「ミモラ」にも主演したアイシュワリヤー・ラーイ・バッチャンが出演。
アカデミー賞に一番近い作品、ダニー・ボイル監督の最新作「スラムドッグ$ミリオネア」も舞台がインド。
すべて、偶然のセレクション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/19

映画祭レポート集

ゆうばり映画祭2008レポ<好夏zerφ
http://www.atree.tv/suika0/2008yubari.html
芸能問題総合研究所Journal:『ゆうばり映画祭物語』ほか
http://eriteru.hamazo.tv/e1298182.html
#070 「ゆうばり映画祭リポート」 (伊藤Pのブログ)
http://www.t-shirt-ya.com/itoup/2005/03/070.html
ぜんまい仕掛け: ゆうばり映画祭番外編
http://pakeokame.blogzine.jp/zenmai/2008/03/post_fdbb.html
ゆうばり応援映画祭2007報告
http://www.asahi-net.or.jp/~md5s-kzo/yubari07.html
ゆうばり映画祭レポ⑥-EMILYROCKS
http://yaplog.jp/kitakazu-d1-2/archive/1995
■2009/01/05追加分
吼えよ!デブゴン
http://d.hatena.ne.jp/zeonic_dragon/
■2009/01/18追加分
北のマサラ
http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/?author=111&p=142275
http://www.b-shoku.jp/modules/wordpress/?author=111&p=142410
■2009/01/19追加分
http://blog.livedoor.jp/dotei_horoki/archives/415933.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ポイント(2):オープニングは小栗旬主演「クローズZEROⅡ」だ!

昨年の「僕の彼女はサイボーグ」のプロデューサー・山本又一朗氏が手がける最新作「クローズZEROⅡ」がオープニングです。
女性が主人公の作品から、今年は男性陣がメインの作品。熱い男たちのドラマ。
人気俳優が総出演する春の話題作になります。
まだ、作品は完成していませんが、映画祭での上映が最速でワールドプレミアなのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009/01/18

2009年ニュース掲載記事(1/18)

【新聞】
1月15日 北海道新聞 朝刊 第4社会面
1月15日 北海道新聞 朝刊 岩見沢南空知面
1月15日 朝日新聞 朝刊 北海道面
1月15日 朝日新聞 朝刊 社会面
1月15日 毎日新聞 朝刊 道総合面
1月15日 読売新聞 朝刊 北海道面
1月15日 日刊スポーツ 朝刊 北海道面
1月15日 スポーツニッポン 朝刊 北海道面・終面
1月16日 道新スポーツ 朝刊
1月16日 日刊スポーツ 朝刊

【TV】
1月14日 UHBニュース 20:55~
1月15日 UHB めざましテレビ ローカルN枠 6:06~
1月18日 UHB ビジネスフラッシュ 17:25~
1月14日 NHK まるごとニュース北海道 18:00~
1月14日 NHK まるごとニュース845 20:45~
1月18日 HTB ビジネスウィークリー 17:25~
1月22日 TVH みにっつ 17:25~

WEB】(12媒体、派生含め55露出)

ORICON

http://www.oricon.co.jp/news/confidence/62079/full/

・バラエティ・ジャパン

http://www.varietyjapan.com/news/movie_dom/2k1u7d00000hobbt.html

asahi.com

http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000000901150005

・毎日jp

http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20090115mog00m200016000c.html

☞Yahoo!

http://mainichi.jp/hokkaido/news/20090115ddlk01200299000c.html

・マイコミジャーナル

http://journal.mycom.co.jp/news/2009/01/15/006/index.html

・スポーツ報知

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090114-OHT1T00233.htm

CinemaCafe.net

http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2009/01/5316/

TSUTAYA ONLINE

http://lx03.www.tsutaya.co.jp/tol/news/index.pl?c=entertain&c2=movie&artid=6055

JANJAN

http://www.cinema.janjan.jp/0901/0901150464/1.php

Movie Plus

http://www.movieplus.jp/square/news/get_news_detail.php?F=20090114009

AXN

http://axn.co.jp/variety/20090114009.html

47NEWS(共同通信)

http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009011401000600.html

トウチュウ、exciteInfoseek@niftygoo、楽天 WomanAOL NewsFresheye2ちゃんねるニュース、東京新聞、西日本新聞、東奥日報、四国新聞、徳島新聞、下 野新聞、くまにちコム、山形新聞、山陰中央新報、静 岡新聞、岐阜新聞、中日新聞、山陽新聞、岩手日報、 北日本新聞、長崎新聞、福井新聞、佐賀新聞、千葉日 報、茨城新聞、山梨日日新聞、高知新聞、大分新聞、 京都新聞、さんようタウンナビ)
・室蘭日報
http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2009/01/17/20090117m_02.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポイント(1):復活2年目、作品も偶然にパート2

昨年、復活した映画祭。
今年は、2年目。なぜか偶然にパート2の作品が多くなった。
記者会見でも、質問されたのですが、なぜか偶然、選んだわけでなく、本当に偶然なのです。
現在、発表している作品は、約60本弱、実は、すべてを紹介しきれていないのです。
ちなみに、フォーラムシアター部門は、本数ではなく、枠数で約20。
1枠の中に、何本も上映したり、音楽イベントだったり企画は様々、月末までに全貌をご紹介していきます。
ちなみに、質問の多い、フォーラムシアター部門のディープコアナイトですが、オープニングナイトでは、2会場で、朝までクリエイターたちは、張り切ってイベント内容を考えています。
夕張だからこそ、やってみたい深夜のイベント。眠れない4日間になるでしょう。

新設された市民会館3F特設シアターですが、約150席の上映スペースを作りました。
ここでは、1Fのシネサロンで上映していますオフシアターコンペのサブ会場として使われるほか、ミッドナイトイベントなどで連日、ディープコアな作品を上映します。
まず、初日26日の夜は・・・

蔭山周プレゼンツ・ミッドナイトシアター(仮称)と称して新作「ポーラサークル」ほか、ミュージシャン、クリエイターなどが朝までイベントを開催します。現時点でもかなり濃い内容になっています。
その同時刻の商工会議所では、期間中に上映されるフォーラムシアター作品の予告編の上映とプレゼンテーションイベント。そして新作映画「トリカゴ」、「カキア」、そすて・・・・夕張とゆかりのある方の追悼イベントを開催します。
今年は、初日から映画だけではない、音楽+トークイベントが充実しています。ご期待ください。!
P1050857new Plc312mainhp Torikagomainnewhp Torikagonewhpsub Newhp Newhp_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/16

怪物が夕張に到着

フォーラムシアター部門で上映される怪物が1体到着、ご期待。

P1020685 P1020689 P1020691

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/15

ゆうばり映画祭2009期間中の臨時バス、シャトルバスについて

ゆうばり映画祭2009期間中の臨時バス、シャトルバスについて

最終上映終了後に臨時バスが運行いたします。

2月26日(木)オープニング作品上映後
札幌行き
ホテルシューパロ なし
本町4丁目(ゆうばり市民会館) 時間未定
ホテルマウントレースイ  時間未定
札幌大谷地バスターミナル 時間未定
札幌大通  時間未定

2月26日(木)
札幌行き
ホテルシューパロ 22:30
本町4丁目(ゆうばり市民会館) 22:31
ホテルマウントレースイ  22:33
札幌大谷地バスターミナル 23:43
札幌大通  0:10

2月27日(金)
札幌行き
ホテルシューパロ 22:30
本町4丁目(ゆうばり市民会館) 22:31
ホテルマウントレースイ  22:33
札幌大谷地バスターミナル 23:43
札幌大通  0:10

2月28日(土)
札幌行き
ホテルシューパロ 22:30
本町4丁目(ゆうばり市民会館) 22:31
ホテルマウントレースイ  22:33
札幌大谷地バスターミナル 23:43
札幌大通  0:10

3月1日(日)
札幌行き
ホテルシューパロ 22:30
本町4丁目(ゆうばり市民会館) 22:31
ホテルマウントレースイ  22:33
札幌大谷地バスターミナル 23:43
札幌大通  0:10

※事前予約は不要です。
代金は、通常の都市間バスの札幌まで1750円(大人)、大谷地(1570円)です。
満員の場合は、随時増便をいたします。

《シャトルバススケジュール》
新千歳空港発⇒ゆうばり行き

[千歳空港}
9:30
11:00
12:35
15:30
18:00
[JR千歳駅]
9:37
11:07
12:42
15:37
18:07
[ホテルマウントレースイ]
10:45
12:15
13:50
16:45
19:15
[ホテルシューパロ]
10:48
12:18
13:53
16:48
19:18

ゆうばり発⇒新千歳空港行き

[ホテルシューパロ]
8:57
11:27
12:42
14:27★
15:42
17:27

[ホテルマウントレースイ]
9:00
11:30
12:45
14:30★
15:45
17:30

[JR千歳駅]
10:08
12:38
13:53
15:38★
16:53
18:38

[新千歳空港]
10:15
12:45
14:00
15:45★
17:00
18:45

代金は、大人1400円、こども700円、乗車場所は新千歳空港バス乗り場⑮です。
※個人・団体とも、ご乗車3日前までに必ずご予約下さい。
※運行体制:夕鉄バス、北海道中央バスの共同運行。
※★は、金、土、日曜日のみ運行となりますのでご注意下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/01

Q&A:ATMはありますか?

市民会館・ホテルシューパロ周辺(本町):
             北洋銀行夕張支店、北海信用金庫夕張支店、夕張本町郵便局
            ホテルマウントレースイ
             夕張郵便局、セイコーマート夕張本町店

がございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Q&A:携帯電話・インターネットは使えますか?

イーモバイル以外は、利用できます。
海外携帯電話も使用できます。
ホテルは、客室から無線でインターネットがご利用できます。
詳しくは、宿泊先へお問い合わせください。

夕張リゾート
http://www.yubari-resort.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Q&A:駐車場について

市民会館・シネサロン・ホテルシューパロ周辺:市役所駐車場があります。
自家用車でお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »