« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の7件の記事

2012/01/27

コラム:「女子高生のはらわた」田代尚也(監督)

大学生だった2008年の夏にゆうばり映画祭“特撮!シネマワークショップ合宿”に参加しました。下町のトム・サヴィーニこと残酷効果スペシャリスト西村喜廣氏が講師で、特殊メイクを基礎から教えてくれました。血まみれになればなるほど、自然と笑顔になっていく楽しい合宿でした。自分の通っていた高校の近くの「関わっちゃいけない怪しい倉庫」が実は西村映造のアトリエだと発覚し、西村さんが「遊びにおいでよ」と誘ってくれました。西村映造は「あの映画の!」て造形物だらけで宝箱みたいな場所でした。今回フォアキャスト部門に出品した「女子高生のはらわた」はそもそも西村映造のアトリエで「明日の仕事は?」「女子高生を血まみれにする」「何それ?楽しそう」という、先輩たちのろくでなしの会話から着想したものです。全てがゆうばりのワークショップから出発して完成した映画をゆうばりに出品出来て、とても感慨深いです。
今後も血まみれで格好良い面白い映画を作ってみたいです。来年以降もゆうばりでは血まみれの映画が流れて、同じ志を持つ素敵な人と人との出会いがある、そんな映画祭を期待してます!


「女子高生のはらわた」田代尚也(監督)


When I was a college student I took part in "Special Effects Makeup! The Cinema Workshop Camp". The instructor is Yoshinobu Nishimura who is called Tom Savini and a specialist of atrocious effects and he taught me special effects malkeup from the basic. As I am covered in blood, I became smile naturally and this camp was very interesting. "The starange storehouse you must not be concerned" near my high school is a studio of NISHIMURA EIZO in fact and he invited me.
NISHIMURA EIZO is like a treasure box because full of shaped articles. "HIGH SCHOOL GIRL OF THE DEAD" I exhibited Forecast Selection this year is based on the scoundrelly conversation between seniors like "What is your tomorrow's plan?" "I make high school girls be covered in blood." "What is it? Sounds fun.". Everything starts from workshop in Yuubari and I am deeply concerned with exhibition of this film to Yuubari. I want to make an interesting and cool movie been covered in blood from now on too. I expect the film festival where the bloody films are shown and person who is full of good intentions meet someone who also has it.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラム:「蟻が空を飛ぶ日」野火明(監督)

合計で4回参加させていただいてるのですが、始めての参加が92年のオフシアターでした。実はあまり予備知識が無いままに『ゆうばり』に来てしまい、まるで夢の世界に紛れ込んだような気分でした。銀世界の中にある映画の天国といいますか…。世界的に有名な監督や役者が沢山参加していることも驚きでした。オフシアターに一緒に参加する人達とは相部屋だったので、すぐに仲良くなり、毎日のように、語りあったり、遊んだり、飲んだりと、楽しい時間を過ごしました。僕の場合本格的に映画製作を始めたのが29歳位からで、この時点でまだ2年も立っていなくて、3分位の短編を3本位撮っただけで、その評価も『まあまあかな?』というものが多く『ゆうばり』出品作の『ダイヤモンドの月』も自分的には自信作だったのですが、回りの評価は「今までで一番ダメ」と言う意見が多く、まさかグランプリを取れるとは思っていなかったので、ツイ・ハーク氏に名前を呼ばれたときは、自分の作品が始めて認められた。という驚きと喜びで一杯になりました。この『ゆうばり』での出来事があったからこそ、僕は今でも『人を感動させる映画を作りたい』という夢を追い続けているし、自分にはその力があるはずだと信じることが出来ているのだと思います。

「蟻が空を飛ぶ日」野火明(監督)


I have joined four times at in all, but the first time is Off-Theater Competition in 1992. In fact, I came "Yubari" without much advance knowledge and felt to slip into a dream world. I wonder it is heaven in snowy world. It is also surprising that many famous directors and actors joined. I shared my room with those who took part in Off-Theater Competition together so we became friendly soon and had a good time talking, playing, and drinking almost every day. In my case, I started film making seriously from 29 years old, at this point it had not passed even two years. So when I did three three-minute shorts, the evaluation of those films is "so-so." "DIAMONDS MOON" is confident in myself but the most of all evaluation is "Tish is your worst film.", so I did not expect to win the Grand Prix surely. When Mr. Tsui Hark called my name, I was filled with surprising and pleasure because my film was recognized for the first time I thought. Thanks to this "Yuubari" incident, I keep following my dreams even now that I want to make films moving people and also I can believe that I have the power to do so.


"THE DAY OF ANTS IN THE SKY" Akira Nobi(director)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラム:事務局便り <デジタルの荒波に揉まれて…>

昨年のカタログに掲載したコラムです。

事務局便り

<デジタルの荒波に揉まれて…>

地デジの波及効果なのか、映像制作の現場でもHD化が進み、インデペンデント映画でも手軽にテープレスでかつ高精細度の映像制作が進んでいる。映画祭のHD上映作品も年々、増えつづけ、それに対応できるうよう事務局もしてきているが、いかんせん使う側も、ハードウェアは用意できても環境が完全とはいえない状況だったり、上映に適するだけの準備まで用意できていない状態だったりする。
様々なフォーマットが存在し、クリエイターの望む状態で映画祭側も対応したいという基本姿勢から、毎年ではあるか、この課題には苦労している。
当然ではあるが、海外からも応募はあるわけで、ぜひとも次年度は、テープレスの上映を考えてみたいという願望を持っている。


東京事務局長 外川康弘 @yubari_wemster


I do not sure whether digital terrestrial broadcasting has spread effect, but High Definition promotes at the image making field too and then even independent films can be made by High Definition images without tape cheaply. High Definition films shown in film festivals are increasing and the executive office is trying to keep pace. However even they can prepare the hardware, the circumstance is not compleated or they are in a condition which is not appropriate for showing.
There are various formats and we also want to keep pace as the creators want. From this basic attitude, we have trouble solving this problem every year.
By necessity, there are some applications from abroad and we hope to show films without tape next year at all rates.

Tokyo Office: Yasuhiro Togawa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/26

ホワイトロックKIZUNAにて震災チャリティなど開催!

ホワイトロックKIZUNAにて期間中、東北お土産市場、東北ふるさとレストランが開催されます。

■ホワイトロック KIZUNA<飲食ブース>
東北お土産市場
東北ふるさとレストラン
2/23 14:30~21:00
2/24~2/26
    12:00~21:00
2/27 10:00~13:00


※ホワイトロックKIZUNAでの収益は各機関を通じ、義援金として被災者の皆様へ支援に活用されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/17

臨時託児所開設

以下の日程で開設します。


■日時   2月25日(土)・26日(日)
      10:00~17:00
■託児場所 アディーレ会館ゆうばり
      1階 ふれあい広場・和室
■料金   1時間 500円
■対象   1歳児以上
■持ち物  着替え・おむつ・昼食(必要な場合)
■定員   20名
■申込方法 事前の申込みを受け付けます。
      ※当日でも受付ます。
■連絡先  緑ヶ丘保育園(0123-52-1700)
      12:00~17:00(土日を除く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/16

上映スケジュールについて

発表は、18日(水)を予定しております。
誠に申し訳ありません。

映画祭事務局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/09

映画祭2012作品の発表について

作品の発表は、1月16日(月)に行います記者会見にて発表いたします。
道内マスコミの方は、
【北海道広報】(株)ノヴェロ TEL:011-281-6683
【東京 広報】press@yubarifanta.com までお問い合わせください。
※プレス向けツアー及び映画祭取材、ゲストインタビューなどに関しても、上記の宣伝担当者までお問い合わせください。


ホームページでの掲載は、1月17日(火)以降、当ブログでは1月17日(火)17時以降に掲載する予定です。
チケット発売日は、1月20日(金)を予定しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »