« コラム:「蟻が空を飛ぶ日」野火明(監督) | トップページ | 審査委員・参加ゲスト(2/8時点予定) »

2012/01/27

コラム:「女子高生のはらわた」田代尚也(監督)

大学生だった2008年の夏にゆうばり映画祭“特撮!シネマワークショップ合宿”に参加しました。下町のトム・サヴィーニこと残酷効果スペシャリスト西村喜廣氏が講師で、特殊メイクを基礎から教えてくれました。血まみれになればなるほど、自然と笑顔になっていく楽しい合宿でした。自分の通っていた高校の近くの「関わっちゃいけない怪しい倉庫」が実は西村映造のアトリエだと発覚し、西村さんが「遊びにおいでよ」と誘ってくれました。西村映造は「あの映画の!」て造形物だらけで宝箱みたいな場所でした。今回フォアキャスト部門に出品した「女子高生のはらわた」はそもそも西村映造のアトリエで「明日の仕事は?」「女子高生を血まみれにする」「何それ?楽しそう」という、先輩たちのろくでなしの会話から着想したものです。全てがゆうばりのワークショップから出発して完成した映画をゆうばりに出品出来て、とても感慨深いです。
今後も血まみれで格好良い面白い映画を作ってみたいです。来年以降もゆうばりでは血まみれの映画が流れて、同じ志を持つ素敵な人と人との出会いがある、そんな映画祭を期待してます!


「女子高生のはらわた」田代尚也(監督)


When I was a college student I took part in "Special Effects Makeup! The Cinema Workshop Camp". The instructor is Yoshinobu Nishimura who is called Tom Savini and a specialist of atrocious effects and he taught me special effects malkeup from the basic. As I am covered in blood, I became smile naturally and this camp was very interesting. "The starange storehouse you must not be concerned" near my high school is a studio of NISHIMURA EIZO in fact and he invited me.
NISHIMURA EIZO is like a treasure box because full of shaped articles. "HIGH SCHOOL GIRL OF THE DEAD" I exhibited Forecast Selection this year is based on the scoundrelly conversation between seniors like "What is your tomorrow's plan?" "I make high school girls be covered in blood." "What is it? Sounds fun.". Everything starts from workshop in Yuubari and I am deeply concerned with exhibition of this film to Yuubari. I want to make an interesting and cool movie been covered in blood from now on too. I expect the film festival where the bloody films are shown and person who is full of good intentions meet someone who also has it.

|

« コラム:「蟻が空を飛ぶ日」野火明(監督) | トップページ | 審査委員・参加ゲスト(2/8時点予定) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154076/53836636

この記事へのトラックバック一覧です: コラム:「女子高生のはらわた」田代尚也(監督):

« コラム:「蟻が空を飛ぶ日」野火明(監督) | トップページ | 審査委員・参加ゲスト(2/8時点予定) »