« コラム:事務局便り <デジタルの荒波に揉まれて…> | トップページ | コラム:「女子高生のはらわた」田代尚也(監督) »

2012/01/27

コラム:「蟻が空を飛ぶ日」野火明(監督)

合計で4回参加させていただいてるのですが、始めての参加が92年のオフシアターでした。実はあまり予備知識が無いままに『ゆうばり』に来てしまい、まるで夢の世界に紛れ込んだような気分でした。銀世界の中にある映画の天国といいますか…。世界的に有名な監督や役者が沢山参加していることも驚きでした。オフシアターに一緒に参加する人達とは相部屋だったので、すぐに仲良くなり、毎日のように、語りあったり、遊んだり、飲んだりと、楽しい時間を過ごしました。僕の場合本格的に映画製作を始めたのが29歳位からで、この時点でまだ2年も立っていなくて、3分位の短編を3本位撮っただけで、その評価も『まあまあかな?』というものが多く『ゆうばり』出品作の『ダイヤモンドの月』も自分的には自信作だったのですが、回りの評価は「今までで一番ダメ」と言う意見が多く、まさかグランプリを取れるとは思っていなかったので、ツイ・ハーク氏に名前を呼ばれたときは、自分の作品が始めて認められた。という驚きと喜びで一杯になりました。この『ゆうばり』での出来事があったからこそ、僕は今でも『人を感動させる映画を作りたい』という夢を追い続けているし、自分にはその力があるはずだと信じることが出来ているのだと思います。

「蟻が空を飛ぶ日」野火明(監督)


I have joined four times at in all, but the first time is Off-Theater Competition in 1992. In fact, I came "Yubari" without much advance knowledge and felt to slip into a dream world. I wonder it is heaven in snowy world. It is also surprising that many famous directors and actors joined. I shared my room with those who took part in Off-Theater Competition together so we became friendly soon and had a good time talking, playing, and drinking almost every day. In my case, I started film making seriously from 29 years old, at this point it had not passed even two years. So when I did three three-minute shorts, the evaluation of those films is "so-so." "DIAMONDS MOON" is confident in myself but the most of all evaluation is "Tish is your worst film.", so I did not expect to win the Grand Prix surely. When Mr. Tsui Hark called my name, I was filled with surprising and pleasure because my film was recognized for the first time I thought. Thanks to this "Yuubari" incident, I keep following my dreams even now that I want to make films moving people and also I can believe that I have the power to do so.


"THE DAY OF ANTS IN THE SKY" Akira Nobi(director)

|

« コラム:事務局便り <デジタルの荒波に揉まれて…> | トップページ | コラム:「女子高生のはらわた」田代尚也(監督) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/154076/53836632

この記事へのトラックバック一覧です: コラム:「蟻が空を飛ぶ日」野火明(監督):

« コラム:事務局便り <デジタルの荒波に揉まれて…> | トップページ | コラム:「女子高生のはらわた」田代尚也(監督) »