« 2012年8月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年9月の1件の記事

2012/09/24

ゆうばり映画祭・作品応募のQ&A集

応募に関しての質問事項をまとめました。

1)どの部門に応募すればいいのか解らない。

オフシアターコンペは、自主制作された作品で、グランプリは、次回作支援(200万円)が約束されます。

ショートフィルムショーケースは、40分以下の短篇で、グランプリは、次回作支援(50万円)が約束されます。

それ以外の部門は、映画祭側が決めますので、作品資料とサンプルDVDを事務局までお送りください。

2)応募のDVD

本編と予告編が1枚にまとめることができません。

本編1枚、予告編1枚でもOKです。

3)NTSCって何ですか?

作られたDVDが日本のプレイヤーで再生できればOKです。

必ず、パソコンでDVDを作ってください。

4)予告編は1分じゃないとダメですか?

あくまでも目安です。

30秒でも2分でもOKです。

5)締め切りが過ぎた場合

事前にお電話ではなくメールでお知らせください。

メールアドレスは、info@yubarifanta.com

必ずお返事します。

6)プレミアってなんですか?

過去に上映されたことがある場合は、記入不要です。

初めての上映は、すべてワールドプレミアです。

解らない場合は、記入しなくて結構です。

7)コピーライツとは?

ある場合のみ記入してください。

自主映画、個人制作には、表記の必要がありません。

団体などで、権利を管理している方、会社が法務的に存在する場合は、契約に従って記入ください。

個人で意志表記されたい場合は、記入ください。

8)複数の部門に応募したい場合

40分以下の短篇など、オフシアターコンペ、ショートフィルムショーケースなど、どこかに応募したい方は、

オンラインエントリーは、1回。書類のみ部門別に記入して、DVD1枚と書類をお送りください。

2回オンラインエントリー、審査料2回は、不要です。

フォアキャストに関しては、オンラインは不要ですので、書類のみをお送りください。

9)他の映画祭で上映されたものは、上映できますか?

できます。

10)他の映画祭で上映されたものは、再編集して上映できますか?

できます。

11)どこの部門でもいいので、上映して欲しい

オフシアターコンペにオンラインエントリー後、サンプルDVDと応募用紙をお送りください。

例)オフシアターコンペ書類一式+その他の部門書類を送付。

12)映画祭後の上映の権利を映画祭が持ちますか?

映画祭は、映画祭終了後、上映の権利を一切持ちません。

13)コンペティション、フォアキャストの放映権は?

映画祭開始から期間中および、3月中に放映いたします。

放映権の契約期間は、最大、同年の4月末まで。

万が一、3月に公開される場合は、公開前で放映は終了します。

無料放映です。

14)ショートフィルムショーケースの配信権は?

監督と配信会社のみで契約に基づき収益を分配し、基本1年間。

継続する場合は、別途契約します。

映画祭は一切収益を頂きません。

15)劇場公開やDVD化された作品は応募できますか?

映画祭の開催以前の、発表・未発表は問いません。

16)英語字幕が付けられません。

応募時は必要ありません。

入選が決まった段階で困っている場合は、ご紹介できます。

17)グランプリを受賞した際の支援金はいつもらえますか?

賞金ではありませんので、製作開始又は、完了時点になります。

制作の規模、内容によって支援の形態は変わります。

例)

2008年グランプリ支援作

「不惑のアダージョ」井上都紀監督

配給会社:ゴー・シネマ

2009年グランプリ支援作

「SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」入江悠監督

配給会社:ティ・ジョイ

製作:ゆうばり国際ファンタスティック映画祭実行委員会、NORAINU FILM、アミューズ、鈍牛倶楽部

2011年グランプリ支援作「探偵ヨンゴン 義手の銃を持つ男」オ・ヨンドウ監督

配給会社:キングレコード

製作:ゆうばり国際ファンタスティック映画祭実行委員会、キングレコード、Kinomangosteen

2012年グランプリ支援作「大阪蛇道」石原貴洋監督

18)作品の応募先

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・東京事務局

〒201-0002 東京都狛江市東野川1-32-13

フォーラムオフィス 内 東京事務局

TEL 03-5497-7220 FAX 03-5497-7229

19)作品の送り方

郵便局のレターパックが日本全国一律500円又は350円です。

追跡サービスで郵便物の配達状況を確認できるから安心です。

以上

映画祭事務局

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2013年1月 »